イベント発見「iPS細胞で新しい医療をつくる人になる!」

イベントや本

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログへ  にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ にほんブログ村 受験ブログ 受験情報へ にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ

ネットで見つけました!
とっても面白そうなイベント!!
IPS細胞とな!!
山中教授といえばips細胞を発見した素晴らしい功績のノーベル医学生理学賞を
受賞された方というのは、日本中で周知されてるかと思います。

それに加えて、著書を読んだり、NHKで出演されていた番組などで
日本の将来や、研究者の育成に尽力されていることも知り、
素晴らしすぎて感動すら覚えたことを覚えています。

2006年8月に京都大学の山中伸弥教授らは世界で初めてiPS細胞の作製に成功し、
2012年にノーベル医学・生理学賞を受賞。
皮膚などに分化した細胞にある遺伝子を組み込むことで、
あらゆる生体組織に成長できる万能な細胞を作ることに成功しました。


先日、今田耕司のネタバレMTGという土曜の昼の番組で
大阪の万博について話されていた時、
元アナウンサーの辛坊治郎さんが、大阪万博のメインの目玉となるものは?
ズバリ!「ips細胞で作った生きて動いてる心臓」と言っていました!!

え〜〜〜!!!???すご〜〜〜!!!と
思わず声が出ました。

本当なら、ぜひ見に行きたい!!

そして、今日、中・高生向けイベント「iPS細胞で新しい医療をつくる人になる!」
というイベントを見つけました!!

とっても興味あり😁

2023年8月22日午前9時~午前11時に専門家らによる講演Zoomにて行われるそうです。

Zoom!いいじゃないか!!

山中教授以外にも専門家の方々が順に講演される様子。

iPS細胞で 新しい医療をつくる人になる
プログラム:
講演1「再生医療と私たちの社会」八代嘉美氏(日本再生医療学会)
講演2「iPS細胞で薬をつくる!」赤松和土氏(順天堂大学 ゲノム・再生医療センター)
講演3「(再生医療)研究への患者・市民参画」東島 仁氏(千葉大学 大学院国際学術研究院)
※休憩(10分)
講演4「日本再生医療学会について」眞野恭輔氏(日本再生医療学会)
※質疑応答・フリートーク

なんだか、難しそう〜〜😅
中高生対象なので、わかりやすく話してくださるのかな???と思ったり。

将来、医学の方に進みたいな〜っと思っている中高生にはとって刺激になるかも?

我が家の上の子は、
「お〜すごいけど、塾あるし、時間ないな〜」

下の子は反抗期中&ただいま喧嘩中にて口聞いてくれない。。。ので
話しできず。。。。😢

予約が必要なようです。参加は無料。
前日まで予約受付してくれるようですので、ギリギリまでどうしようか考えようかな。。。

万博の話とか出るのかな??っていうか、万博の話、、、ほんまなんかな???

もっと盛り上がればいいのにな〜と思う昨今。
ぜひとも現実になって話題になってほしい「ips細胞で作った生きて動いてる心臓」
え?なんかグロい感じですが。。。展示できるの??
いや、でも、すごいことなので、実現してほしい。

22日のiPS細胞で 「新しい医療をつくる人になる!」zoomイベントは
こちらのサイトで予約できるようです。
https://www.amed.go.jp/news/program/saiseiNC20230822.html

PDFファイルもありました。
スマホ用QRコード記載されています。
https://www.amed.go.jp/content/000115454.pdf

8月22日なので、夏休みの宿題に追われる子もいるかも知れないですが、
さっさと片付けて、参加してみては?
参加後、感想を自由研究としてレポートを書くのも良いかも知れないですよね!